トップ > YouTube(ユーチューブ)で世界遺産旅行! > ペルー マチュ・ピチュの歴史保護区

ペルー マチュ・ピチュの歴史保護区

【世界遺産 名】
マチュ・ピチュの歴史保護区
Historic Sanctuary of Machu Picchu

【登録基準】
複合遺産(文化遺産&自然遺産)

【登録年】
1983年

★Google Images(グーグルイメージ)で画像を見る!
マチュピチュ画像

★Google Earth(グーグルアース)で衛星写真を見る!
S13 7 W72 35
↑こちらの座標をグーグルアースの検索窓にコピペするとマチュピチュ上空にジャンプします。

★YouTube(ユーチューブ)で動画を見る!

↑中央のプレイボタンをクリックすると動画がスタートします(再生時間:18秒)。

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】
マチュ・ピチュ(Machu Picchu)は、現地語では「老いた峰」の意味で、よく保存されたインカの遺跡である。ペルーのウルバンバ谷 (Urubamba valley) に沿う高い山の尾根(標高約6,750ft、2,057m)に位置し、山裾からはその存在を確認できない。しばしば《インカの失われた都市》あるいは《空中の楼閣》と呼ばれる。この遺跡には3mずつ上がる段々畑が40段あり、3,000段の階段でつながっている。遺跡の面積は約13Km2で、石の建物の総数は約200戸が数えられる。マチュ・ピチュに関する多くの謎が未だに解明されていない。

YouTube(ユーチューブ)で世界遺産旅行!一覧