トップ > Google Earth(グーグルアース)で世界遺産旅行! > メキシコ 古代都市テオティワカン

メキシコ 古代都市テオティワカン

【世界遺産 名】
古代都市テオティワカン
Pre-Hispanic City of Teotihuacan

【登録基準】
文化遺産

【登録年】
1987年

★Google Images(グーグルイメージ)で画像を見る!
古代都市テオティワカン画像

★Google Earth(グーグルアース)で衛星写真を見る!
テオティワカンのピラミッド
※あらかじめグーグルアースをインストールしておく必要があります。
グーグルアースのダウンロード・インストール方法

テオティワカン
↑衛星写真をクリックするとグーグルアースが起動してテオティワカンのピラミッド上空に移動します!

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】
テオティワカン(Teotihuacan)とは、メキシコシティ北東約50キロの地点にあり紀元前2世紀から6世紀まで存在した巨大な宗教都市遺跡。当時の新大陸では最大規模を誇っていた。

極めて計画的に設計された都市で太陽のピラミッド、月のピラミッドそして南北5キロにわたる道(「死者の大通り」)が基点となり各施設が配置されている。面積は約20平方キロメートル。最盛期には、10万~20万人が生活を営み下水網も完備されていた。

Google Earth(グーグルアース)で世界遺産旅行!一覧