トップ > Google Earth(グーグルアース)で世界遺産旅行! > オーストラリア ウルル(エアーズロック)-カタ・ジュタ国立公園

オーストラリア ウルル(エアーズロック)-カタ・ジュタ国立公園

【世界遺産 名】
ウルル(エアーズロック)-カタ・ジュタ国立公園
Uluru-Kata Tjuta National Park

【登録基準】
複合遺産(文化遺産&自然遺産)

【登録年】
1987年、1994年

★Google Images(グーグルイメージ)で画像を見る!
ウルル(エアーズロック)画像

★Google Earth(グーグルアース)で衛星写真を見る!
ウルル(エアーズロック)衛星写真
※あらかじめグーグルアースをインストールしておく必要があります。
グーグルアースのダウンロード・インストール方法

エアーズロック
↑衛星写真をクリックするとグーグルアースが起動してウルル(エアーズロック)上空にジャンプします!

★YouTube(ユーチューブ)で動画を見る!

↑中央のプレイボタンをクリックすると動画がスタートします(再生時間:3分15秒)。

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】
ウルル(Uluru)は俗にエアーズロック(Ayers Rock)と呼ばれ、オーストラリア大陸のほぼ中央のノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュダ国立公園内に存在する。西オーストラリアにあるマウント・オーガスタスについで、世界で二番目に大きな単一の岩石。南緯25度23分、東経131度5分。「大地のヘソ」と呼ばれることもある。ウルルとはもともとはアボリジニによる呼称で、1980年代ごろから正式名称として使われ始めた。ウルルはアボリジニの聖地でもある。

Google Earth(グーグルアース)で世界遺産旅行!一覧